ActionScript: XMLの子要素の読み込み – XMLオブジェクトと「.. 」「[]」演算子

XMLのパースの練習に、AmazonのWebサービスAPIを用いて本を検索し、表紙の縮小画像をStage上にランダムに配置するFlashをAS3で書いてみました。
追記:現時点はAPI仕様が変わった為、下記のプログラムは機能しません。。

XMLの扱い方の一例

以下は上のFlashの解説ではありませんが、作成過程でXMLの扱いで詰ったところがあったのでピックアップしてみます。

使用するXMLデータ

通常は外部ファイルを読み込みますが下の例ではXMLデータをソースコード中に書き込んでいます。
まず、扱うXMLデータは、

とします。本のデータはAmazonで検索語を「C言語」にして検索した結果を用いています。
ちなみに、

タグで囲まれた要素内では全ての文字列を扱うことが出来ます。

外部XMLデータからXMLオブジェクトを作成

大抵は外部ファイルから読み込みます。その場合は、URLLoaderクラスのdataフィールドをXMLのコンストラクタの引数に渡せばOKです。

ここではbooksXml変数がXMLオブジェクトです。

ソースに直接XMLデータを書き込む場合

あまりそういった場合は無いのですが、テストなどの際は

のように書きます。他にもXMLコンストラクタに文字列リテラルとして渡すことも可能です。その場合、渡す文字列は一行にします。

XMLの各要素と属性へのアクセス

今回扱うXMLの入れ子の深さ2ですかね。booksタグの中にbook要素があり、そのbookタグの中にtitle、author、image要素があり、それぞれのタグの中にほしいデータがある、と。
XMLオブジェクトにデータを代入しインスタンスを作成した際に、パースは終わっていますので子要素へのアクセスは「.」、子孫へは「..」や「[]」演算子を用います。また、子(子孫)属性に対しては「.@」「..@」です。

実行結果A

実行結果B

一致する全ての要素をXMLList形式で返しています。実際のプログラムではfor文で回してデータを取得します。
上で使った演算子に代わるメソッド等もありますが、それらはまたの機会に取り上げてみます。