SafePalで生成したSolanaアドレスはSollet.ioで復元可能

なぜならSafePalのderivation pathが m/44'/501'/0' でありsollet.ioはderivation pathの選択ができる為。そして同じ理由でLedger Nano Xでの復元は不可。derivation pathが m/44'/501'/0' でない為。

背景

先日SafePalのV1.0.30でSolana チェーンのサポートが発表。Ledger Nano X / SafePal S1 / ペーパウォレットユーザーとしてはバックアップ先が増える話は歓迎の為、早速復元できるか確認したもの。

Upgrade Your SafePal S1 To On-board New Features
V1.0.30 (08/20/2021 mm/dd/yyyy) 1. Supports Solana mainnet, SPL tokens and DApps

https://safepal.io/upgrade

公式ドキュメント上のDerivation pathsの記載は?

2021/09/01時点ではSolana (SOL)の記載なし。

Derivation paths supported by SafePal

アドレス復元の確認手法

SafePalのニーモニックフレーズをSollet.ioでリストアし、作成したSPL token アドレスと合致するderivation pathオプションを特定。

sollet_io_derivation_path
Sollet.ioのニーモニックフレーズ(シードフレーズ)のインポート後のDerivable Accountsオプション画面
safepal_solana
SafePal Wallet (iPhoneアプリ)のSPL tokenアドレス画面

上の二つの画像に記載のアドレス(一部グレーアウト)が一致していることを確認できる。

因みに、記事投稿時点ではSafePalはRaydiumに対応。今後Phantomがスマホ対応を予定するがハードウェアウォレット+スマホでDappを操作したいニーズがある場合はSafePalは良い選択肢になるだろう。因みにLedger Nano Xの場合はスマホでSolana のDapp操作は不可で、デスクトップPCにUSB-C接続して使用する。

最後に

以下に暗号資産取引所とハードウェアウォレットのアフィリエイトリンクを置いておくので良ければ活用下さい。割引特典あり。