Rubyで引数の設定値によって4パターンの部分文字列を取得するラッパー関数

引数に設定値を与え、それによって挙動を変えることで、似た機能をまとめてみます。

追記(2008.2.8):正規表現のマッチを保持する変数があったことを失念していました。「$`」マッチした部分より前の文字列、「$&」マッチした文字列、「$’」マッチした部分より後ろの文字列を使えばより簡潔に書けると思いました。

ソースコード

実行結果

単に部分文字列を取得するには