Python: set型の集合演算で2つのリスト要素を比較

2つのリストの要素を比較する際、リスト型をset型に変えると「-」「&」などの演算子1つで集合演算できます(AND、OR、NOTとか)。

ソースコード

実行結果

リスト(and シーケンス型)をset型に変更すると要素の順序が失われます。再度リスト型に戻したいときは、list()関数を用います。

話変わりますが、Rubyだと配列のまま加減算ができます(配列オブジェクトが「+」「-」演算子などをサポートしているみたい)。

リファレンス

コメント

  1. Naoyuki ABE より:

    . @hrst pythonメモ:list型をset型に変換すれば要素比較が超便利。http://bit.ly/3XUnlA すっかりPython脳が弱ってるのでリハビリするぞ!!

  2. Naoyuki ABE より:

    pythonメモ:list型をset型に変換すれば要素比較が超便利。http://bit.ly/3XUnlA すっかりPython脳が弱ってるのでリハビリするぞ!!

  3. Tweets that mention Python: set型の集合演算で2つのリスト要素を比較 - Yukun's Blog -- Topsy.com より:

    […] This post was mentioned on Twitter by Naoyuki ABE, Naoyuki ABE. Naoyuki ABE said: . @hrst pythonメモ:list型をset型に変換すれば要素比較が超便利。http://bit.ly/3XUnlA すっかりPython脳が弱ってるのでリハビリする […]

  4. hirayasu_is より:

    pythonのset便利 http://bit.ly/bpUPjU

  5. ハル より:

    ちょうどリストの要素をまとめたかったので、とても参考になりました。ありがとうございます。