Linux: apt-get 時の GPG error (NO_PUBKEY) の解決例

事象

Linux Debianで/etc/apt/sources.listに外部のリポジトリを指定した後にapt-get updateコマンドを実行したところ、下記のGPG errorが出力されupdateできない。

原因

対象リポジトリの公開鍵を信頼していなかった為。

対策

鍵サーバより鍵をダウンロード・インポートしapt-keyにエクスポートする。

下記の警告はこの場合は特に気にしなくて良い。

(What does the “gpg: no ultimately trusted keys found” warning mean? –> The Warning: “no ultimately trusted keys found” means that gpg was not configured to ultimately trust a specific key. Trust settings are part of OpenPGPs Web-of-Trust which does not apply here. So there is no problem with this warning. In usual setups the users own key is ultimately trusted.)
引用元:SecureApt – Debian Wiki

この後はapt-get updateコマンドは正常実行されるが、念の為、鍵リストが更新されていることを確認する。

参考サイト