VMware Fusion のゲスト(仮想)マシンのIPアドレスの固定化

本記事はVMware Fusion上の仮想(ゲスト)マシン上でサーバサービスを起動してホスト(Mac)側から常時固定IPでアクセスしたい場合や、Retina Displayを活用するべくホスト側の対応コンソールを用いてRetina非対応のゲストマシンに手軽にsshログインしたい場合に有用なテクニック。
IPアドレスの固定化の手段は2通りあり、一つはゲスト側で固定IPを設定する手順、二つめはホスト側・VMware側のネットワーク設定にてゲスト側のIPを固定化する手順。本記事は後者の手法をゲストのDebian Linuxを用いて紹介。(当手順は対象がWindows系であっても使用可能)

VMware Fusion 上の設定

対象マシンのNetwork Adapter設定を開きInternet Sharing の Share with my Macラジオボタンを選択。
vmware_fusion_network_adapter_setting
続いて、同画面下部のAdvanced optionsで対象仮想NICのMACアドレスを控えておく。後述で当該MACとIPアドレスのひも付けに使う為。
vmware_fusion_network_mac_setting

ホスト側(Mac OS)のコンソールでの設定

VMware Fusionをインストール後、ifconfigコマンドを実行すると下記のI/Fが追加されているのを確認できる。

vmnet1はPrivate to Mac用のGW、vmnet8はShare with my Mac用のGW。今回vmnet8のサブネットにDHCPで割り振られるIPを固定化するには下記の設定ファイルを修正する。

既存の設定の末尾に下記の定義を追加。

保存後に一度VMware Fusionを終了・起動後にゲストマシンを立ち上げれば常に設定したIPが割り振られる。なお、dhcpd.confを読むと分かるが、DHCPの自動IP割り当ては第4オクテットが128-254である為、固定IPは3-127の間で割り振ると良い。
後はhostsで当該ゲストマシンを名前解決させれば、仮想マシンへのアクセスがし易くなる。

参考サイト

コメント

  1. VMware Fusion のゲスト(仮想)マシンのIPアドレスの固定化 | Macインフォメーションぷらざ より:

    […] VMware Fusion のゲスト(仮想)マシンのIPアドレスの固定化 […]