IBM System i (AS400): プログラムの実行有無の確認 – DSPOBJD

System i において、対象プログラムが最後に何時実行されたのかを調べるにはDSPOBJDコマンドを用いて確認する。用途としては「実行結果はさておきPGMが実行されたかどうか」を確認したい際に使う。

コマンド実行例


対象OBJのOpt欄に5(=Display full attributes)を入力すると以下のDescription画面が表示される。この例ではLast used date がブランク、Days used count = 0の為、当該PGMが一度も実行されていないことが分かる。

Display Object Description – Full画面