WebSphere MQ: キューの削除 – DELETE purge

WebSphere MQにおけるキューの削除操作を確認する。前回までの記事はこちらのページをご参照。参考サイトは記事末尾に記載。

ローカル・キューの削除 – DELETEコマンド

runmqscコマンドインターフェース上でローカル・キューQL.Aを削除する(エラーケース)。

QL.Aにメッセージが残っている為、削除できないとのメッセージ。CLEARコマンドを用いてQL.A内のメッセージを空にした上で再度deleteする。

尚、deleteコマンドのpurgeオプションをつけることで、キューにメッセージが入っていても、そのまま削除することができる。

参考サイト